特別企画

特別講演1特別講演2ポスターセッション2「ゆぅさんでぃ かたやびら~」ワークショップ|エクスカーション|ポスターコンクール

特別講演1

安藤安則 校長 略歴

1951年大分県生れ、1970年3月大分県立大分上野丘高校卒業、1974年3月九州大学工学部航空工学科卒業、1976年3月九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了、1987年2月九州大学工学博士を取得

1976年4月石川島播磨重工業(株)(現(株)IHI)技術開発本部研究員、1991年7月石川島播磨重工業(株)・流体グループ課長、2000年7月石川島播磨重工業(株)・国家プロジェクトグループ部長、2007年4月国立大学法人島根大学教授・国際交流ンセンター副センター長、2013年4月島根大学教授・国際交流センター長、2015年4月(独)国立高専機構・沖縄工業高等専門学校長に就任

研究分野:機械工学/流体工学、総合工学/航空宇宙工学

専門:空気力学、流体工学、CFD(数値流体力学)、プロジェクト管理

所属学会:日本機械学会、日本航空宇宙学会、米国航空宇宙学会他

特別講演2

山城秀之 教授 略歴

1956年沖縄生まれ、1983年琉球大学大学院理学研究科修士課程修了、1983年琉球大学放射性同位元素等取扱施設技官として従事、2000年名桜大学・講師として採用、2007年沖縄工業高等専門学校生物資源工学科・教授を経て、2014年琉球大学・熱帯生物圏研究センター・瀬底研究施設・教授に就任

研究分野:基礎生物学/形態・構造

専門:サンゴ礁生物学

著書:「サンゴ 知られざる世界」(成山堂書店)

ポスターセッション2「ゆぅさんでぃ かたやびら~」

「ゆぅさんでぃ」は「夕方」、「かたやびら~」は「語り合いましょう」と言う意味の沖縄方言で、学会などでは「イブニングトーク」と言われている発表形式です。

沖縄では、ざっくばらんにおしゃべりや討論することで、一緒にいる人たちの友好を深め、情報交換や相互理解する良いきっかけになる、「ゆんたく(おしゃべりをする、世間話をする)」や「かたやびら~」があります。

本研究会の初日のポスターセッション2では、夕方の時間帯(ゆぅさんでぃ)において、参加していただく皆さんに、軽食やドリンクを片手に、発表内容や技術について大いに語り、討論していただく場として、沖縄の言葉を用い「ゆうさんでぃ かたやびら~」=「夕方に語り合いましょう」として開催します。

ワークショップ

テーマ「高専・大学における技術の未来」

ワークショップでは、加工技術系、電気・電子・制御系、自然・環境系、情報・セキュリティ系の4つの系においてテーマに沿ったパネルディスカッションと討論を行います。今後の教育・研究現場における技術の動向、技術職員の役割、教員との連携も含めた活発な討論を場と考えており、ワークショップに参加していただいた皆さんの今後のご活躍の一助になることを期待しております。

詳細はワークショップをご参照ください.

エクスカーション

本研究会では、オプションとして、エクスカーションを企画しています。参加希望者を募り、いくつかのコースに分かれ、名護やその周辺地域の歴史、文化、自然環境を知っていただく絶好の機会と考えております(各コース40名まで)。 このエクスカーションにつきましては、名護市民会館から貸切りバスにより移動するコースもあるため、交通費等参加費を別途、徴収させていただくことをご了承ください。

実施日:平成30年3月8日(木)

  1. 琉球大学熱帯生物圏研究センター瀬底研究施設&今帰仁城址コース
  2. オリオンビール工場製造現場見学コース
  3. 美ら海水族館バックヤード見学コース
詳細はエクスカーションをご参照ください.

ポスターコンクール

受賞対象
全発表者、若手ポスター賞においては35歳以下の発表者
審査方法
全参加者による投票

九州地区総合技術研究会 in OKINAWAでは、ポスター発表の技術向上を目的として、参加者全員が審査員として投票して頂くポスターコンクールを計画しております。全発表者が対象の最優秀ポスター賞・優秀ポスター賞の他、35歳以下限定の若手ポスター賞も設けますので対象者は発表申し込み時に申告をお願いします。 受賞者は表彰致します。
奮ってご応募下さいますようお願いします。